1. ホーム
  2. >学部の特色

学部の特色

環太平洋諸国の架け橋となる教養人の育成。
「教養」は大人の判断力をかたちづくるものと言えます。 そして「判断力」は、多様な世界観と価値観を獲得する中で、自分自身のものになっていきます。 国際教養学部は、そうした多様な世界観と価値観を「まなぶ」ためのカリキュラムを用意しています。

  1. 教養として何を「まなび」たいか
  2. Selection 2言語と8の研究科目 教養=大人の"判断力"を形成
  3. 多様な価値観を持ち備えた人材
  4. グローバルな社会で活躍

カリキュラム

カリキュラム表 2つの外国語 哲学 12の研究科目群

国際教養学部の3つの特徴

12つの外国語

 2言語併習は、英語とスペイン語、英語と中国語、英語と韓国語の3つの組み合わせから1つを選択して、同時に同量の学習を進行させるという、本学部独自のカリキュラムです。大切なのは、英語と日本語ともうひとつの言語という3種類の言語を、スイッチして使い分けられるようになることです。

在校生メッセージ & カリキュラム履修例

2哲学

 必修の「哲学Ⅰ」は、大学での学問の出発点をさだめるものです。教師や友人との議論から自分なりの問題を作って下さい。そして4年の「哲学Ⅱ」は1年の「哲学Ⅰ」で自分自身に発した問へ解答を与えるものです。

38の研究科目群

 各研究科目群の科目は「概論」「研究各論」「特殊研究」に分かれ多彩で数多い科目を用意しています。 その科目数は全部で200余り。そこから、自分自身で履修科目を自由に選択し、自分のカリキュラムを作っていきます。

8の研究科目群
  • スペイン・ラテンアメリカ研究
  • 中国研究
  • 韓国研究
  • 日本研究
  • 言語教育研究
  • 人間発達科学研究
  • 総合科学研究
  • グローバル社会研究