profile programme exposition acces liens contact Rencontre International

   
アルベール・カミュは1960年1月4日、プロヴァンスの小村で過ごしたヴァカンスから帰宅する際、パリの近くで交通事故にあって亡くなりました。今年はその50周年にあたります。カミュは亡くなったとき、47歳でした。カミュは何よりもまず、『異邦人』の作者として知られています。「今日、ママンが死んだ。もしかすると昨日かもしれないが、私にはわからない」という冒頭で始まる、衝撃的な小説です。主人公のムルソーは、アラブ人を殺したかどで死刑を宣告されますが、実際のところは、アラブ人殺しそのものよりも、社会が期待するような行動をとらなかったために、判決がくだされます。カミュのふたつめの小説『ペスト』は、第二次世界大戦中のナチス・ドイツへの抵抗の戦いを物語る寓意的な小説です。カミュはその他にも多くの文学テクストやエッセイを残していますが、とりわけ『反抗的人間』は、人間存在を抑圧しようとするあらゆるものに対して抵抗をしてゆくなかで、いかにして自由と連帯を守ってゆけるかという問題を問うた作品です。
アルベール・カミュはフランスの支配下にあったアルジェリアの貧しい家庭に生まれました。君は絶対に学問を続けてゆくべきだ、という小学校教師の強い励ましがなければ、少年カミュがのちに偉大な作家になることもなく、1957年にノーベル賞作家として世界的な栄誉を受けることもなかったでしょう。太陽、海、そして生きることそのものを熱烈に愛したカミュは、思春期に結核をわずらったことによって、死という過酷な現実に直面しました。カミュは理解しました。今ここという現実を生きること、生が我々に与えてくれる楽しみや喜びを享受すること、そして同時に、いつかもっと良くなるかもしれないという漠然とした遠い未来への期待ではなく、今ここにおいて不正と戦うことの大切さを。近所の子供たちと通りで遊んだり、サッカーをしたりするうちに、カミュは、人と一緒になにかをすることの楽しみを覚えました。そしてその喜びを、戯曲を描いて友人たちと上演したり、生涯の何年もを費やした新聞記者としての活動の中で再び見出そうとしました。カミュにとって、誰かを排除したり、見捨てたりすることは、ありえない考え方でした。アルジェリア独立戦争の宣戦布告がなされたときにも、カミュは、自分が生を受け、青春期のすべてをすごしたアルジェリアの地で、アラブ人であれ、フランス人であれ、あらゆる人が十全に生活する権利を認められるようにと、あらゆることをしたのです。
Albert Camus est mort il y a cinquante ans, le 4 janvier 1960, dans un accident de voiture près de Paris, alors qu’il rentrait de ses vacances passées dans un petit village de Provence. Il n’avait pas encore 47 ans. Il est d’abord l’auteur de L’Étranger, un roman étonnant qui commence par ces mots : « Aujourd’hui, maman est morte. Ou peut-être hier, je ne sais pas. » Meursault, le héros, est condamné à mort, moins parce qu’il a tué un Arabe que parce qu’il ne se conduit pas comme la société l’attend. Son deuxième roman, La Peste, évoque sous une forme allégorique le combat des résistants contre les nazis pendant la Seconde Guerre mondiale. D’autres textes littéraires et essais suivront encore, dont L’Homme révolté qui explore les moyens de préserver la liberté et la solidarité dans la révolte de l’homme contre tout ce qui l’opprime.
Albert Camus était né d’une famille pauvre de Français d’Algérie et sans l’obstination de son instituteur qui l’a encouragé à poursuivre ses études, il n’aurait pas pu devenir le grand écrivain reconnu internationalement par le Prix Nobel en 1957. Fou de la vie, du soleil et de la mer, la tuberculose qui l’atteint à l’adolescence lui fait découvrir la réalité inexorable de la mort. Il comprit l’importance de vivre pleinement dans le présent, de jouir des plaisirs et des joies que la vie offre, tout en luttant contre toutes les injustices au moment même, sans attendre une éventuelle amélioration dans un avenir lointain. L’esprit d’équipe qu’il avait découvert dans les jeux de la rue et le football, il aimait le retrouver au théâtre en créant et montant des pièces avec d’autres amis et aussi dans les journaux auxquels il a consacré plusieurs années de sa vie. Il n’était pas pour lui question d’exclure ou de rejeter quiconque et lorsque la guerre d’indépendance d’Algérie s’est déclarée, il fit tout pour que l’on reconnaisse aussi bien aux Arabes qu’aux Français le droit de vivre pleinement sur la terre où il était né et avait passé toute sa jeunesse.
   
1937年 『裏と表』
1939年 『結婚』
1942年 『シーシュポスの神話』
1942年 『異邦人』
1944年 『カリグラ』
1944年 『誤解』
1947年 『ペスト』
1948年 『戒厳令』
1949年 『正義の人びと』
1950年 『自由の證人』
1951年 『反抗的人間』
1953年 『創造と自由』
1954年 『夏』
1956年 『転落』
1957年 『追放と王国』
1957年 『ギロチン』
1958年 『アクテュエル III』
1971年 『幸福な死』(カミュの死後に刊行)
1994年 『最初の人間』(カミュの死後に刊行)

1937 L'Envers et l'Endroit
1939 Noces
1942 Le Mythe de Sisyphe
1942 L'Étranger
1944 Calugula
1944 Le Malentendu
1947 La Peste
1948 L'État de siège
1949 Les Justes
1950 Actuelles
1951 L'Homme révolté
1953 Actuelles II
1954 L'Été
1956 La Chute
1957 L'Exil et le Royaume
1957 Réflexions sur la guillotine
1958 Actuelles III
1971 La Mort heureuse
1994 Le Premier Homme