浅岡千利世
...........................................................................................................................................
部門 英語・英語学・コミュニーケーション・英文学・米文学・英米文化・国際関係
..........................................................................................................................................
テーマ ことばと教育 ― Issues in Foreign Language Learning and Teaching
...........................................................................................................................................
テキストThe Little, Brown Compact Handbook (J.E. Aaron, Longman)
..........................................................................................................................................

中学、高校、また大学において英語を学んできた過程で次のような疑問を感じたことはないだろうか。「自分はどうやって英語を習得してきたのだろうか。なぜ日本の学校では必ず英語を学ばないといけないのか。なぜ中学高校でオーラルコミュニケーションを教えるのか、そして実際に何を教えるべきか。またその効果はどうだろうか。他の国ではどのような外国語教育を行っているのだろうか。 効果的に外国語を習得するとはどういうことだろうか。英語を第二公用語にするとはどういうことなのか。そもそも 英語とは一体何か。また公用語とは何か etc.」

本ゼミでは上記のような疑問について考えるために、
第二言語習得とそれに影響するさまざまな要因
国際語としての英語・アジアにおける英語・日本英語
各国における言語政策と言語教育
早期教育・国際理解教育・多文化教育
などのトピックを通して日本における外国語教育のこれからの多様性を探ることを目的とする。

またこの分野における研究方法、特に質的研究法を習得すること、現在ある理論や研究を批評すること、英語論文の書き方、またそれに基づいてのプレゼンテーションスキルも習得することなども目標とする。最終的には一つのテーマを選んでリサーチをおこない、英語でゼミ論をかいてもらう。
学生一人一人の自発的な取り組みに期待している。教員を目指している人はもちろん、英語に限らずことばと言語教育をとりまく環境に関して興味のある人や、自分の言語習得の今までの過程に興味のある人などにも、よいかもしれない。

授業は英語及び日本語による課題文献を各自が読んだ上でのレクチャーや英語での討論、口頭発表などを中心に行っていく予定。テキストは英語論文の書き方に関するもので、ゼミ登録者が決定次第まとめて購入する予定。

説明会では以上の内容を詳しく説明し、質疑応答を受け付ける。受講希望調査をするので、かならず受講希望者は出席すること。