(春)

    英 作 文 a  〔火曜日・4時限〕

担当者

鈴 木 英 一  

講義目的、講義概要

授業計画

 

講義目的

伝えたい内容を英語で自由に表現できるようになることが究極の目標である.ここでは,そのためにまず,さまざまな状況で基本的な文を書く練習を行い,次第により複雑な内容を英語で表現できるようになることを目的とする.

 

講義概要

まず,取り扱う文型・文法事項や語句を含む簡潔な英語の文章を読み,次に,取り上げられている文型・文法事項と語句・表現を確認し,関連する事柄を英語で表現する.さらに,基本的な文型や構文を使い,日常的な事柄に関する語彙を用いて英語の文章を書く訓練を行う.

 春学期で中心的に取り上げる構文や語句・表現は,文の述語を構成する要素,動詞と形容詞である.これに加えて,完了形や受動形,さらに,不定詞や動名詞などを用いた文を書く練習を行う.

 

 

1. Welcome to Our Fireside; 自動詞+副詞,代名詞

2. The Ultimate End; 仮主語it,部分否定,未来完了

3. Little Tom, Learn by Experience; 助動詞,助動詞+完了形

4. A Wise Man, A Promising Designer; 仮目的語it,自動詞+副詞+前置詞,自動詞+前置詞

5. A Promising designer; 仮目的語it,他動詞+目的語+前置詞

6. A Letter; I’ll Think It Over; 受動形,他動詞+目的語+副詞

7. I Recommend Mr. Brown; 形容詞+前置詞

8. Worrying about a Friend; 形容詞+前置詞+不定詞/疑問節

9. Finding a Thief; “Itseem(…) that

10. Uncle James; “Ithappenthat,完了不定詞

11. Introduction to Japanese Culture; 動名詞,完了動名詞

12. Essay Writing

テキスト、参考文献

評価方法

テキスト安井稔・他(1983) A Guide to English Composition Intermediate. 開拓社.

出席状況,授業における平常点,期末試験の成績を総合して評価する.なお,単位の認定には授業回数の2/3以上の出席が必要とされる.

 

(秋)

    英 作 文 b  〔火曜日・4時限〕

担当者

鈴 木 英 一  

講義目的、講義概要

授業計画

 

講義目的(春学期と同じ)

伝えたい内容を英語で自由に表現できるようになることが究極の目標である.ここでは,そのためにまず,さまざまな状況で基本的な文を書く練習を行い,次第により複雑な内容を英語で表現できるようになることを目的とする.

 

講義概要(春学期の続き)

秋学期は,少し複雑な内容と構造をもつ文を書く練習を行う.まず,関係代名詞と関係副詞を含む文を扱う.次に,時・条件・譲歩・原因・理由・目的・結果・比較などを表す副詞節を含む文を扱う.さらに,仮定法の用法を学び,仮定法表現を含む文の各練習を行う.最後に,伝聞を表すのに用いられる直接話法と間接話法の文を扱う.最後の2回の授業では,1年間の授業のまとめを兼ねて,「誕生会への招待」と「友人宅への訪問」というテーマで自由に英語の文を書く.

 

 

1. William Shakespeare; “Sbethat,関係代名詞

2. Mr. White; 自由関係詞what,関係詞副詞,“Sbehow

3. Mr. Green, a Witty Teacher; 時を表す副詞節

4. A Delay; “形容詞+that,原因・理由を表す副詞節

5. Rules for Making a Speech; 目的・結果を表す表現

6. My First Fishing Trip; 仮定法未来,仮定法過去完了

7. The Doctor’s Advice; 条件を表す表現

8. A True Friend; 譲歩を表す表現

9. What Is Happiness; 比較と対比を表す表現

10. A Huge Cabbage; 直接話法,間接話法

11. Invitation to Birthday Party

12. Visiting Friends

テキスト、参考文献

評価方法

テキスト安井稔・他(1983) A Guide to English Composition Intermediate. 開拓社

出席状況,授業における平常点,期末試験の成績を総合して評価する.なお,単位の認定には授業回数の2/3以上の出席が必要とされる.