(春)

英 語 専 門 講 読 a   〔水曜日・1時限〕

【人間言語の普遍的特徴】(言語コミュニケーションコース)

担当者

鈴 木  英 一  

講義目的・講義概要

授業計画

講義目的

世界的に著名な言語学者であるNoam Chomskyが1975年に公刊した画期的な論文を読み,英語の読解力を伸ばしながら,生成文法理論の神髄を理解する.あわせて言語学における説明の美しさも感じ取りたい.

講義概要

  まず,文を生成する規則は意味や語彙に依存するのではなく構造に依存するというChomsky1955年来の基本的な立場が述べられる.次に,1965年に提案された生成文法の標準理論が説明され,特に,文の基本的な構造である句構造標識とそれを生成する基底部と中心的な概念である「深層構造」が説明される.深層構造に規則が適用されて文が派生されるが,規則の適用には厳しい制限があることが明らかにされ,その制限を形式化した「下接の原理」は人間言語を特徴づける普遍的特性であると提案される.

 

1. Structure Dependence of Grammatical Rules

2. Base Component and Phrase Markers (1)

3. Base Component and Phrase Markers (2)

4. Standard Theory and Notion of “Deep Structure”

5. Transformational Component and Surface Structures (1)

6. Transformational Component and Surface Structures (2)

7. Domains of Transformations and Cyclic Category

8. Subjacency; Condition on Transformations

9. Conditions on Wh-Movement

10. Universal Grammar and Language Faculty

11. Two Arguments about Language Acquisition

12. Subjacency Principle as a Principle of Universal Grammar

 

テキスト、参考文献

評価方法

テキスト Noam Chomsky (1975) Some General Features of Language. Reflections on Languages. Pantheon. 参考書:安井稔(編)『コンサイス英文法辞典』(三省堂)

出席状況,授業の予習,授業中の発表,期末試験の成績を総合して評価する.なお,単位の認定には授業回数の2/3以上の出席が必要とされる.

 

(秋)

英 語 専 門 講 読 a   〔水曜日・1時限〕

【人間言語の普遍的特徴】(言語コミュニケーションコース)

担当者

鈴 木  英 一  

講義目的・講義概要

授業計画

 

講義目的(春学期と同じ)

世界的に著名な言語学者であるNoam Chomskyが1975年に公刊した画期的な論文を読み,英語の読解力を伸ばしながら,生成文法理論の神髄を理解する.あわせて言語学における説明の美しさも感じ取りたい.

講義概要(春学期の続き)

疑問詞としてWh語を含むWh疑問文が詳細に分析され,要素が移動される際にその要素の元に位置に痕跡(trace)が残されるという,「移動の痕跡理論」が提案される.生成文法に痕跡理論が組み込まれたのが,生成文法理論の発展の中でもっとも注目される理論の一つ《修正拡大標準理論》である.痕跡を用いることによって,表層構造が豊かになり,表層構造によって全ての意味解釈がなされると考えられる.痕跡理論が素晴らしい点は,移動規則によって残される痕跡がほかの言語要素特に再帰代名詞や相互代名詞といった照応形と同じ制約によって説明されるということである.

 

1. Syntax or Semantics? Explanation of Wh-Questions (1)

2. Syntax or Semantics? Explanation of Wh-Questions (2)

3. Trace Theory of Movement Rules

4. Motivations for Trace Theory

5. Wh-Movement and Interpretation of Pronouns

6. Semantic Interpretation of Enriched Surface Structures (1)

7. Semantic Interpretation of Enriched Surface Structures (2)

8. Specified Subject Condition and Trace Theory

9. Reformulation of Passive Rule

10. Traces and Binding Quantifiers

11. Binding Principles and Conditions on Transformations (1)

12. Binding Principles and Conditions on Transformations (2)

 

テキスト・参考文献

評価方法

テキスト Noam Chomsky (1975) Some General Features of Language. Reflections on Languages. Pantheon. 参考書: 中島平三(編)『英語構文辞典』(大修館)

出席状況,授業の予習,授業中の発表,期末試験の成績を総合して評価する.なお,単位の認定には授業回数の2/3以上の出席が必要とされる.