(春)

a   〔水曜日・1時限〕

【生成文法理論への誘い】(言語コミュニケーションコース)

担当者

    

講義目的・講義概要

授業計画

講義目的

世界的に著名な言語学者であるNoam Chomsky1995年(元々は1991年)に発表した,生成文法の新しい理論改訂に関わる重要な論文を読み,英語の読解力を伸ばしながら,生成文法の最近の理論を理解する.

講義概要

  Chomsky (1995) The Minimalist Programという著書の第2章 Some Notes on Economy of Derivation and Representationの前半部(pp.129-146)を精読する.まず,「派生と表示の経済性」を論じるための前提となる仮定を考える.次に,述語動詞の文中での位置を説明するために動詞の屈折(Inflection)が論じられている.さらに,文の生成・派生を最小化する方法,すなわち,文の経済的派生方法として「最小の力」による説明がなされている.最後に,派生の経済性についての議論が整理されている.

 

1. Preliminary Assumptions (1)

2. Preliminary Assumptions (2)

3. Preliminary Assumptions (3)

4. Some Properties of Verbal Inflection (1)

5. Some Properties of Verbal Inflection (2)

6. Some Properties of Verbal Inflection (3)

7. A “Least Effort” Account – Minimizing Derivations (1)

8. A “Least Effort” Account – Minimizing Derivations (2)

9. A “Least Effort” Account – Minimizing Derivations (3)

10. The Element I (Inflection)

11. On Economy of Derivation (1)

12. On Economy of Derivation (2)

 

テキスト、参考文献

評価方法

テキスト Noam Chomsky (1995) The Minimalist Program. MIT Press.  参考書: 安井稔(編)『コンサイス英文法辞典』(三省堂)

出席状況,授業の予習,授業中の発表,期末試験の成績を総合して評価する.なお,単位の認定には授業回数の2/3以上の出席が必要とされる.

 

(秋)

a   〔水曜日・1時限〕

【生成文法理論への誘い】(言語コミュニケーションコース)

担当者

    

講義目的・講義概要

授業計画

講義目的(春学期と同じ)

世界的に著名な言語学者であるNoam Chomsky1995年(元々は1991年)に発表した,生成文法の新しい理論改訂に関わる重要な論文を読み,英語の読解力を伸ばしながら,生成文法の最近の理論を理解する.

講義概要

Chomsky (1995) The Minimalist Programという著書の第2章 Some Notes on Economy of Derivation and Representationの後半部(pp.146-162)を精読する.まず,主語と動詞,動詞と目的語の一致を説明する「一致体系」を論じる.次に,表示の経済性を考え,wh-要素を含む構造を説明するために演算子と変数の関係を扱い,LFLogical Form)で許される要素を考える.さらに,意味内容をもたない虚辞要素の認可を完全解釈原理との関係やLFにおける繰り上げ現象を論じる.

 

1. The Agreement System (1)

2. The Agreement System (2)

3. The Agreement System (3)

4. Economy of Representation

5. Operators and Variables

6. Legitimate LF Elements

7. Full Interpretation and Expletive Elements (1)

8. Full Interpretation and Expletive Elements (2)

9. Further Questions concerning LF Raising (1)

10. Further Questions concerning LF Raising (2)

11. Some conclusions on Language Design (1)

12. Some conclusions on Language Design (2)

テキスト・参考文献

評価方法

テキスト Noam Chomsky (1995) The Minimalist Program. MIT Press.  参考書: 安井稔(編)『コンサイス英文法辞典』(三省堂)

出席状況,授業の予習,授業中の発表,期末試験の成績を総合して評価する.なお,単位の認定には授業回数の2/3以上の出席が必要とされる.