目 次

お知らせ掲示板(パスワードは教員からメールにて入手できます。)
大学掲示板

授業案内

  講義の目標
  講義概要
  使用教材・参考文献
  評価方法
  学生への要望
  オフィスアワー等の担当者情報

「授業改善のためのアンケート」結果
  
授業で配布されたプリントの一部を手に入れたいひとは
  ここをクリック

2005年度秋学期定期試験
2005年度春学期定期試験
2004年度秋学期定期試験
 (見るには Adobe Acrobat Reader が必要です ダウンロードはこちら


2002年度前期定期試験情報

2001年度後期定期試験情報

2000年度後期定期試験情報



講義の目標

専修学校ではなく大学で英語を学ぶ学生にとって恥ずかしくないきっちりとした英文法の知識を身につけることが当然の狙いであるが、そのためには「なぜこう言えて、ああ言えないの?」と素朴な疑問を抱くことが肝要で、そこから出発して英語という言語の学術的研究にたいして理解を深め、表面に見える英語現象を手がかりにして表面に現れない言語の規則性を探っていくための思考方法をつかんでもらいたい。

講義概要
シラバス参照。

テキスト
小野経男著『意外性の英文法−学生の質問の意外性に備える』ほかプリント

参考文献

ここをクリック

評価方法

前後期の定期試験を主とするが、課題提出や下調べや授業中の応答などの平常点を加減する場合もある。
ただし、欠席が7回を超えた者については、医師による診断書、教育実習、介護体験実習および事故証明書記載の理由を除くどのような理由(例えば就職活動)であろうとも成績は「不可(F)」とする。(遅刻2回を欠席1回分に換算する。証明書のない場合は、時間割上の授業開始時間を20分超えて入室した場合は欠席とみなす。

受講者への要望

〔1〕大学生の自覚をもち、一人前の大人として振舞うこと。例えば、次のようなことはしない。
@ 予習・復習を怠たる。
A 授業中に真面目に受講している学生にたいし、(メールで)チャットなどしたりして迷惑をかける。
@ 教員が入室したあともおしゃべりをしている。

〔2〕Fを取ったら、51パーセントは自分に責任があることを自覚できること。とにかく、何をしようが、自分でやったことの責任は自分で取るようにする(Take the consequences!)。

担当者についての情報

〔1〕連絡先
〒340-0042 草加市学園町1‐1 中央棟537[大学研究室]
Tel. (048)941-6182[自宅:ただし、番号非通知設定ではかからない]
Tel. & fax (048)943-2198 [研究室]
E-mail:授業で提示

〔2〕出講日
火曜日(1,3)・水曜日(1, 2)・木曜日(2 前期のみ)・金曜日(2,3,4)

〔3〕大学の実施した授業評価についての情報
大学ホームページ(授業のページおよびゼミのページの「授業にたいする受講
生の評価と先生のコメント」)を参照のこと。

〔4〕質問(相談)のための面談
原則として火曜日の午前11時より午後12時半までと、水曜日の午後1時半より3時までをoffice hoursとする。ただし、会議などの校務が入る可能性があるので、面談希望者は電話や電子メール等で事前に面談予約を取っておいたほうが確実に会える。

〔5〕その他の情報
大学ホームページ内、府川ゼミホームページ(の「関連授業情報」ないしは「先生の部屋」を参照のこと。



2000年度後期定期試験情報

・試験範囲は『英語の文法』151ページから『大学生のための現代英文法』第8章まで。
・英英辞典、英和辞典、和英辞典の持込参照可
・問題形式は次の通り

.次の英文の意味を(余すところ無く)書きなさい。24点)
.次のうち、容認される文はその番号を○で囲み、容認されない(* or ?)文はその番号の上に×を付けなさい。24点)
.次の設問から6問選んで答えなさい。(30〜36点)
  1)
次の文を英訳しなさい。
   2)次の文の容認性について論じなさい。
   3)文強勢を示し、意味の違いを説明しなさい。
   4)次の文の(意味的/統語的/その他の)特質を論じなさい。
   6)次の文の容認性についてなぜそうなるか説明しなさい。
  7)
次の文の意味を2通り記し、なぜそうなるのか論じなさい。
4.次の設問のうち問選んで別紙に回答しなさい。(25点)

 ここでは次がキーワードとなろう。

 (1)名詞句からの外置の規則性(プリント含む)
 (2)外置された従()
 (3) 断定的述語と非断定的述語
 (4) 形容詞の限定用法/叙述用法、前位用法/後位用法
 (5) 受動文の用法
 (6)  助動詞の根源的用法・認識的用法
 (7) 否定の作用域

 

掲示板へ

府川ゼミのホームページへ

授業のページへ