logo
小川町腰中地区 - ふるさと支援隊
2014年7月12日
今年度2回目となる「ふるさと支援隊」の活動は、7月12日に行なったコスモスの苗植えでした。私たちは小川町の観光客増加や景観整備を目的として、腰中地区に花畑を作る計画をしています。昨年は試験的に通りに面した草むらにコスモスを植えましたが、今年は腰中集落農業センターの近くにある広大な畑に本格的に植えることになりました。まずは畑に植えるコスモスの苗を確保する作業からスタートしました。
コスモスの苗は、別の畑の脇に咲いているものを今回作るコスモス畑に移すことにしました。苗自体はとても立派で別の畑のままでも綺麗に咲きますが、畑が路地裏にあり、せっかく綺麗に咲いたコスモスも通りからは見えないため、今回移すことになりました。たった5分か10分で、カゴから溢れんばかりの苗を確保することができました。最終的にはカゴ6個分の苗を確保できました。
いったんお昼休憩をはさみ、午後は確保した苗を植える作業に入りました。どのように植えたら通りからより綺麗に見えるかを考え、苗を等間隔に並べて行き、なおかつ前後の苗とは少しずらして植えるなどの工夫をしました。暑い中の作業でかなり大変でしたが、2時間ほどで全ての苗を植えることができました。黄色や白、ピンクのコスモスの苗を植えたので、秋にコスモスが満開になるのが楽しみです。