湯田 雅夫
【学 歴】 昭和48年 3月(1973.3) 早稲田大学大学院商学研究科博士課程
単位取得満期退学

平成12年 2月(2000.2) 博士(商学)(早稲田大学)
【職 歴】
昭和 48年 4月(1973.4.) 獨協大学経済学部専任講師
昭和 53年 4月(1978.4.) 同学部助教授
昭和 60年 4月(1985.4.) 同学部教授 現在に至る
平成 5年10月(1993.10.) 放送大学非常勤講師
「会計学」担当(現在に至る)
平成 13年 1月(2001.4.20) 草加市下水道事業運営審議会会長
(〜2009年3月)
平成 13年 10月(2001.10.) 日本社会関連会計学会理事
(〜2010年10月.)
平成 14年 6月(2002.6.) 日本セキュリティ・マネジメント学会監事
(〜2006年5月)
平成 15年 9月(2003.9.) 日本会計研究学会評議員
(〜2009年9月)
平成 16年 10月(2004.10.) 日本社会関連会計学会理事
(〜2007年10月)
平成 19年 10月(2007.10.) 日本社会関連会計学会理事
(〜2010年10月)
平成 22年 4月(2010.4.) 専修大学大学院商学研究科会計専攻
「環境会計特論T」および「環境会計特論U」担当
平成 22年 11月(2010.11.) 日本社会関連会計学会理事、東日本部会長  副会長
(〜2013年10月)


社会会計論

簿 記 原 理

基 礎 演 習

演習U(工事中)

(院)(M)社会会計論研究(工事中)

(院)(D)社会会計学特殊研究(工事中)




<学術著書>
【単 著】
『ゾチアルビランツ研究序説』 学文社
1989年(平成元年)10月 国立国会図書館 DH1-E113
『ドイツ環境会計論』 中央経済社
1999年(平成11年)3月 国立国会図書館 DH512-G213
『ドイツ環境会計-環境原価と環境負荷の統合』 学文社
2001年(平成13年)5月 国立国会図書館 DH512-G415


【編 著】
『環境管理会計概論』 税務経理協会
2004年(平成16年)10月(矢澤秀雄と編著)国立国会図書館DH551-3368
『俳句療法』 富嶽出版
2010年(平成22年11月(木下照嶽・日野原重明と編著)

<学術論文> (発表年月2000年1月以降掲載)
『ドイツ環境会計の実証的研究』
博士(商学)学位論文  2000年(平成12年) 2月
「エコ効率の向上に向けた財務パフォーマンスと環境パフォーマンスの結合」
『社会関連会計学会年報』 第15号  2003年(平成15年)10月

「1章 序章」『環境管理会計概論』
税務経理協会に所収,2004年(平成16年)10月

「9章 環境監査の仕組み」『環境管理会計概論』税務経理協会に所収,2004年(平成16年)10月

「第19章 資源/環境 −環境会計−」
木下,小林,中島編著『新版現代会計 創造性/学際性/国際性』
創成社に所収,2004年(平成16年)10月

「第6章 ドイツ語圏の環境会計」 山上・向山・國部編著『環境会計の新しい展開』
白桃書房に所収,2005年(平成17年)4月

「企業の持続的成長を支えるCSR会計−環境効率指標開発の現状ならびに将来展望−」
『第21回日中企業管理シンポジウム報告書』2006年(平成18年)8月

「今日のCSRと日独企業の取り組み」2005年獨協インターナショナル・フォーラム(ドイツと日本の環境を考える−持続可能な社会を目指して−)
『獨協国際交流年報』第19号に所収,2006年(平成18年)12月

「地球環境問題に対する企業の取組」木下照嶽他編著『社会科学の新展開』
富嶽出版に所収,2008年(平成20年)4月

「ドイツの社会関連会計と日本への影響」石崎忠司・黒川保美編著『公共性志向の会計学』
中央経済社に所収,2009年(平成21年)3月


<翻訳>

「病院のための環境マネジメント」『獨協大学経済学研究』 第80号 
2005年(平成17年)4月 (竹井准子と共訳)

<その他研究業績> (発表年月2000年1月以降掲載)
 
【辞書・辞典】
櫻井通晴編 『管理会計辞典』 分担執筆
同文舘,2000年(平成12年)3月 

真船洋之助監修・編著『環境マネジメント・会計ハンドブック』 
分担執筆
日本工業新聞社,2004年(平成16年)10月

【評論他】
「獨協大学の学生募集戦略」 『IDE』 誌2月号
p51〜p55,2004年(平成16年)2月



<教科書>
1.共著『演習 商業簿記入門』 中央経済社
  1986年(昭和61年)4月 国立国会図書館 DH515-E19
2.講義ノート『環境マネジメント・環境監査』 環境監査研究会
  1998年(平成10年)11月
3.講義ノート『環境会計』 環境マネジメント研究会, 2003年度版
4.講義ノート『社会会計論』 環境マネジメント研究会, 2003年度版
5.講義ノート『環境会計』 環境マネジメント研究会, 2004年度版
6.講義ノート『社会会計論』 環境マネジメント研究会, 2004年度版
7.講義ノート『会計学』 (法科大学院) 2004年度版
8.講義ノート『環境工学』 2004年度版
9.共著『ベーシック簿記教室』 中央経済社
  2010年(平成22年)4月






「ドイツ語圏の環境会計」(私の研究の足跡)
東京理科大学大学院経営工学研究科 2005年(平成17年)1月12日

「環境管理会計−その現状と課題」 日本管理会計学会フォーラム
日本大学商学部 2005年(平成17年)3月18日

「企業の持続的成長を支えるCSR会計−環境効率指標開発の現状ならびに将来展望―」第21回日中企業管理シンポジウム
日本大学商学部 2006年(平成18年)8月11日

「CSR経営につながる環境管理会計」
日立製作所 2006年(平成18年)11月22日

「公と私 日本の医療制度−公と私のバランスを目途に−」「公と私」研究会
日本大学商学部 2010年(平成22年)11月11日


「地球環境保全の時代に問われる環境会計」
 日本社会関連会計学会関東部会 駒沢大学 2000年(平成12年)6月24日
「環境会計 ― 社会関連会計の視点から ―」
 日本セキュリティ・マネジメント学会、分科会環境監査研究会 
 安田火災海上保険(株)本社ビル会議室
2001年(平成13年)7月27日

「環境効率の向上に向けたコストと負荷の統合化」
 日本社会関連会計学会 奈良産業大学  2002年(平成14年)10月26日

「地球温暖化 環境管理会計の視点から」
 文化会計学会 アルカディア市ヶ谷  2007年(平成19年)5月3日

「CSR経営につながる環境管理会計」
 日本セキュリティ・マネジメント学会 第21回全国大会 情報セキュリティ大学院大学  2007年(平成19年)6月16日

「パネルディスカッション『サステナブル社会構築には何が必要か』」「環境情報の共有化に向けたITの活用―持続可能性の視点から―」
日本セキュリティ・マネジメント学会 第22回全国大会 工学院大学  2008年(平成20年)6月22日

「公立病院の持続的経営―高齢社会の課題」
俳句療法学会設立大会 笹川記念会館  2008年(平成20年)11月3日

「自治体病院経営の情報共有化」統一論題「競合の時代における非営利組織会計の再検討−自治体病院について」
日本社会関連会計学会 第22回全国大会 明治大学  2009年(平成21年)11月14日及び15日

「現代企業とCSR経営」
日本セキュリティ・マネジメント学会(環境マネジメント研究会)  東京工業大学  2011年(平成23年)10月13日

「日本の医療制度−公と私のバランスの維持−」
俳句心療学会 市ヶ谷私学会館  2011年(平成23年)11月3日







『環境管理会計概論』
著者:矢澤秀雄,湯田雅夫編著
発行:税務経理協会
定価:3,150円(税込)
初版発行:2004年(平成16年)10月1日
ISBN:441904361X




Back