我々の2学年の主な活動として、「HP」作りをしました。
春学期では、静的なHP、秋学期では、動的なHPを作りました。
そこで、静的なHP、動的なHPそれぞれを、紹介していきたいと思います。





静的なHPとゼミ生の活動:
静的なHPは、「HTML文書」を使います。
HTML文書とは、HPの本文を記述するものです。
そのHTML文書に、「本文」・「画像の読み込み」等を行うことで、
誰でも、簡単にHPを作成することができます。
この、今、皆さんがご覧になっている「堀江ゼミのHP」も、先ほど紹介した「HTML文書」を使って作成されています。
そして、我々の活動は、「HTML文書」を使って、各々の思い思いのHPを作り発表し、
そして、みんなで一人一人のHPについて、良かった点・改良できる点など、さまざまなことを話し合ってきました。














動的なHPとゼミ生の活動:
「動的なHP」では、「JavaScript」を使います。
「JavaScript」においては、先ほどご紹介した静的なHPに、おみくじや時計などさまざまなことを表示させることができます。
しかし、この「堀江ゼミのHP」におみくじや時計等を載せると、アンバランスと考え、個別にご紹介させていただきます。
なお、ゼミ生の活動は、静的なHPのときとほぼ同じですが、静的なHPにおみくじや時計などさまざまなことを載せて、
みんなで一人一人のHPについて、良かった点・改良できる点などを話し合ってきました。
それでは、「JavaScript」をクリックしてください。
JavaScript









トップ
メンバー紹介
リンク集