Base        Reglamento        Abono        Ponentes        Formato        Revista



『スペイン語学研究』投稿規定


1. 本誌は東京スペイン語学研究会の機関誌として毎年刊行する。
2. 投稿者は原則として上記研究会の会費を納入する会員とする。
但し、学部学生の投稿については、会員の推薦があればこれを認め、推薦者の指導監修を経て掲載する。
また、非会員の投稿については、会員の推薦があった場合には定例研究会での合議によってこれを認めることがある。
3. 本誌に掲載するものは、スペイン語学に関する論文、書評、研究ノート及び研究会における口頭発表の要旨とする。
4. 原稿は編集委員会が審査して採否を決定する。編集委員会が必要と認めた場合には、執筆者に書き直しを依頼することがある。
5. 投稿は、和文、欧文(スペイン語、英語)いずれでもよいが、完成原稿(タイプ又はワープロで作成)によるものとし、以下の規定に従う。
    (a) 用紙と仕様 
        欧文、和文ともにB5判用紙に、上下各2.5~3.0cm、左右各2.0~2.5cmの余白を取り、読みやすさに配慮しつつ下記の字数・行数を守って印字 したもの。
            欧文:1ページあたり31~33行。1行あたりの字数は問わない。
            和文:1ページあたり33~35行。1行あたり30~35字。
    (b) 枚数
        i.  論文:和文、欧文とも、本文と注を合わせて(参考文献を含めずに)20枚以内。どちらの場合も欧文のレジュメを1枚加える。
        ii.  書評:和文、欧文ともに(参考文献を含めずに)7枚以内。
        iii. 研究ノート:和文、欧文ともに(参考文献を含めずに)14枚以内。
        iv. 研究発表要旨:スペイン語で300語以内。題目のみスペイン語・日本語の併記とする。発表者自身が執筆する。
    (c) 書式
        i. 和文、欧文ともに原稿はすべて横書きとする。
        ii. 注は原則として脚注。ただし、機種、ソフトウェアなどの関係で脚注にするのが困難な場合は後注とする。
        iii. ページは鉛筆書きで各ページの右上に付ける。
        iv. 本文中での文献の引用は著者名、発行年、ページで示す。
        v. 参考文献目録は以下の順序で記載する。
            単行本:著者名・発行年・書名・版・発行者または発行地
            論 文:著者名・発行年・論文名・掲載誌名・巻号・ページ
6. 抜刷を希望する執筆者は、原稿送付の際、その旨を申し出ること。抜刷の費用は執筆者の負担とする。
7. 原稿締切りは毎年3月末日とする。

メインページに戻る