Stacks Image 1156
自分のドイツ語力を試してみよう。 
 
自分のドイツ語力がどの程度なのか疑問に思ったことはありませんか?複数の機関がドイツ語の検定試験を実施しており、そうした試験を通して自分のドイツ語能力をチェックすることができます。検定試験はあくまで目安でしかありませんが、ドイツ語圏への留学やドイツ語圏で仕事をしたいと思ったときは自分のドイツ語能力の証明に必須になります。 
 
ヨーロッパでは、各言語間で能力の比較ができるように言語能力を6段階に分けています。この基準(ヨーロッパ共通参照枠)は、各検定試験のレベルの目安としても用いられます。だいたいの目安としては、
A1〜A2は初級レベルB1〜B2は中級レベルC1〜C2は上級レベルとなります。各レベルのさらなる詳細は、こちら(外部サイト)で確認できます。
獨協大学では、交換留学やインターンシップなどではB1以上の試験に合格することが条件となります。また、ドイツに直接留学しようとする場合は、少なくともC1レベルの証明が求められます。留学やインターンシップへの参加を考えている学生は、スケジュールをしっかりと立てて検定試験を受験するようにしてください。

ゲーテ・インスティトゥートが行う検定試験はICZでも割引価格で申し込みを行うことができます。詳細は
こちらそれ以外にもドイツ語の検定試験に関するいろいろな情報や過去問などが Deutsche Eckeにありますので、活用してください。また、図書館には各種検定試験の対策本や過去問題集が所蔵されています。

各試験の詳細は下記をクリックしてご覧ください。

ドイツ語技能検定試験(独検)


ドイツ語学文学振興会が行う検定試験です。試験は春季と秋季の年2回試験が行われています(準1級・1級は秋季のみ)。
1級・準1級・2級・3級・4級・5級の6つの級があります。準1級以上は、筆記試験に合格すると口頭試験が行われます。
申し込み用紙は中央棟5階エレベーター前などに置いてあり、受験料の払い込みはDUO(35周年記念館1階)で行うことができます。

各レベルの詳細は以下の通りです。

5級
初歩的なドイツ語を理解し,日常生活でよく使われる簡単な表現や文が運用できる(学習時間のめやす:30時間以上)。
 筆記(40分) 
 聞き取り(約20分,一部書き取りを含む)

4級
基礎的なドイツ語を理解し,初歩的な文法規則を使って日常生活に必要な表現や文が運用できる(学習時間のめやす:30時間以上)。
 筆記(60分)  
 聞き取り(約25分,一部書き取りを含む)

3級
ドイツ語の初級文法全般にわたる知識を前提に,簡単な会話や文章が理解できる(学習時間のめやす:120時間以上)
 筆記(60分)  
 聞き取り(約25分,一部書き取りを含む)


2級
ドイツ語の文法や語彙についての十分な知識を前提に,日常生活に必要な会話や社会生活で出会う文章が理解できる(学習時間のめやす:180時間以上)
 筆記(一部書き取りを含む)(80分)  
 聞き取り(約30分)


準1級
ドイツ語圏の国々における生活に対応できる標準的なドイツ語を十分に身につけている(学習時間のめやす:数年以上、継続的に学習している
 筆記(一部書き取りを含む)(90分)  
 聞き取り(約35分) 
 口述試験


1級
標準的なドイツ語を不自由なく使え,専門的なテーマに関して書かれた文章を理解し,それについて口頭で意見を述べることができる(学習時間のめやす:数年以上、恒常的にドイツ語に接している
 筆記(一部書き取りを含む)(120分)  
 聞き取り(約35分) 
 口述試験


※5級と準1級は2008年から新設されており、準1級は旧2級と同様のレベルになります。古い参考書では、旧2級のものもありますので注意してください


詳細は下記公式サイトにてご確認ください。
公式サイト:http://www.dokken.or.jp/

ゲーテ・インスティトゥートの検定試験


試験は、ヨーロッパ共通参照枠に基づき、主に以下の6つの段階に分けられています。
Goethe-Zertifikat A1: Start Deutsch 1 (SD1)
Goethe-Zertifikat A2: Start Deutsch 2 (SD2)
Goethe-Zertifikat B1
Goethe-Zertifikat B2
Goethe-Zertifikat C1
Goethe-Zertifikat C2 (GDS)

各試験のレベルは 
http://www.goethe.de/ins/jp/tok/lrn/prf/jaindex.htm を参考にしてください。

また "Deutsche Ecke" には各試験に関しての説明書がおいてあります。ご活用ください。
ICZでは、それぞれ本試験の申込も年2回、特別価格で行っています。
それ以外の日程で受験したい場合はゲーテ・インスティトュートに直接お申し込みください。



教育研究支援センターでは、オープンスクールとして、ゲーテ・インスティトゥートから先生に来ていただいて、学内でゲーテ・インスティトゥートの授業が受けられます。申込はICZで行います。受講料について獨協生は大学からの補助があります。初級ビジネスドイツ語コース、Goethe-Zertifikat B1試験準備コース、Goethe-Zertifikat B2試験準備コースの3つのコースがあります。
外部の方も受講可能なので、獨協生以外にも交流が広がると思います。

詳細は
http://www.dokkyo.ac.jp/shiencenter/shiencenter03_06_02_j.html をご覧ください。

TestDaF


TestDaF(DaF = Deutsch als Fremdsprache: 外国語としてのドイツ語)は、ドイツのテスト・ダフ・インスティトゥート(TDI)が実施するドイツ語能力を認定するための試験です。TDIの設立には, ドイツ大学長会議、ドイツ学術交流会、ゲーテ・インスティトゥートなどが参加しています。
この試験での成績は、ドイツの大学に入学するための語学能力資格として公式に認められます。現在,世界約80ヵ国の300ヵ所以上で受験することが可能で す。採点はTDIで統一的に行われるので、公平性が保たれ,かつ4カ国語で書かれた証書は、国際的に通用します。また、ドイツの大学で受けることのできる 試験(DSH)などとは異なり、何度でも受験することが可能です。

詳細は
TestDaFをご覧ください。

<TestDaF準備講座>2016年度閉講
大学で学ぶために必要なドイツ語能力を証明するための試験なので,例えば独検(ドイツ語技能検定試験)の2級程度からそれ以上,ゲーテ・インスティトゥー トのGoethe-Zertifikat B2程度からそれ以上のレベルを想定してください。ドイツ語学習時間が最低でも700~800時間の学習者が対象となります。TestDaFの試験は、読 解・聴解・筆記・口述の4種類からなっています。講座はそれぞれ各種類の試験に合格するための準備をします。

詳細は
TestDaF準備講座をご覧ください

オーストリア政府公認ドイツ語検定試験(ÖSD)


ドイツ語の検定試験は、ドイツの機関が行っているものだけではありません。ドイツ語圏の一つであるオーストリアも独自の検定試験を行っています。それが、このオーストリア政府公認ドイツ語試験(通称ÖSD)です。
このオーストリア政府公認試験は、ゲーテ・インスティトュートの試験のようにヨーロッパ議会が定める「ヨーロッパ共通参照枠」に基づいて設計されており、A1〜C2まで6つのレベルに分けられています。試験内容は、オーストリアのドイツ語だけでなく、ドイツ語圏主要3カ国(ドイツ、オーストリア、スイス)それぞれの標準語が考慮されています。そのため、オーストリアはもちろん、C1以上のレベルはドイツでも語学能力の証明として使用することができます。日本では、毎年夏と冬の年2回開催されており、全国の主要都市で受験することできます。

試験の詳細は
日本語公式サイトでご確認ください。オーストリアの公式サイトはこちら